能力向上

このサプリを飲むと…血糖値が下がって痩せますよ~
的な宣伝をよく見る

まあ、炭水化物を抜くといいんだけど…
コメやパンなどを食べないってのは辛いよねぇ
最近になって、陸上女子?の鉄剤注射という問題が話題になった
成長期などに血液不足になりトレーニングや運動能力が落ちる…
アスリートは若い時、成長期に活躍する

身体というのはよく出来ていて
食事から栄養をとる場合、ある程度は過剰な分が排出されるようになっている(例外はあるけどね)
がん治療などでビタミンCを大量注射して身体を強制的に活性化させるって療法があるんだけど、あれも食事でとるビタミンCは一定量を超えると身体に吸収されないから…
そんな個人の持つ自動調整機能を無視して鉄を注射すると、弊害が出てくるのは当たり前

薬物でいうと、最近のニュースでピエール瀧が覚せい剤(コカイン)を使用して逮捕されたと報道された
ニュースでは「20代のころからコカインや大麻を使っていた」との供述も…

https://youtu.be/Dx4oGjll4Bw
この人、私と同い年なんですよねぇ
でもね、覚せい剤は1回目から幻覚や幻聴が現れるってことを聞いたことがあるんだけど、この人は20代から始めて、50代のいまでも普通?に生活?してたんですよねぇ
実は3日おきに適量をとると、集中力があがり、疲れもとれ、気分もよくなり、非常に調子が良くなる という話も聞く

でもね…3日おきに適量なんて守れないんですよ
仕事が忙しくて…人間関係が辛くて…きょう一日をやり過ごせれば…ってことで
そこが薬物依存の恐ろしいところ。神ではない、人であるがゆえの…

薬物について

https://youtu.be/SNNZlsQXXb8
伊集院光…この人も私と同い年なんですよね

解飛蚊!

糖尿病といえば、足を失くし目が潰れる…という恐ろしい病気
その糖尿病の合併症の一つ「糖尿病網膜症」
細かい内容はさておき、私はこの病気になって
治療法としてのレーザー光凝固手術を受け
失明という状況は回避できた
ただ、眼球の中で止血と共に焼かれ、失われていった多数の網膜細胞は
視界を暗くさせ夜目のきかない目になった

その一ヶ月後あたりから…
視界の中にたくさんの「ひじき」が写ってきた
飛蚊症である

https://youtu.be/z0olyZrcBx4
動画でいうと、これに近い
このゴミが私の場合は「ひじき」みたいなものであった
長いのもあれば点のものある
日によって、配置は変わるので
視点の真ん中に来ると、文字などは全く読めない
本当にポンコツになったものだ

眼球は球体であるために、そしてその中の液体がゲル状?であるために
その中にあるゴミは立体的に動いたりする
それが、ちょっと面白く動く場合もあったり
偶にカッコよく動く場合もあったりする
ただ、このゴミは増えることはあっても減ったり消えることはない
その日のゴミの配置の違いで視界が良くなったり悪くなったり

「飛蚊症がなおる…」このゴミが、視界からなくなるということは
密封された眼球内に存在するゴミが体外に排出されるということ
それは、ちょっと考えられないのである
常に見えているゴミ…これは相当なストレスである
このゴミみたいな視界と一生付き合っていかなければならないのか?
という諦めみたいなものがあった

っんだけど…
1年以上たった今、「ひじき」はなくなった
もちろん完全になくなったわけではない
薄いゴミは残ってはいるんだけれど
中ボス、ラスボスクラスのデカイ黒い物体は
消えていた

このサプリが効いたのかな?というのが
コレ

ちょっと値段的に高いかな?なんて思ってたりするんだけど
単なるプラシーボ効果?(効く薬と思い込んで治癒する)かもしれないし
このサプリを飲まなくても体の自然治癒力で治ったのかもしれない
それでも、このサプリを毎日のもうと思う
暗さに対応できなくなった目も、治るかも(笑)

 

Yahooメールに、やたらこのサプリへの誘導メールが来るんだけど…
もう飲んでるって!!(笑)

喰い痩せ

痩せてる人は言う……
「食べなきゃ痩せる」と

太ってる人は言う……
「食べなきゃ死ぬ」と

絶食をすると皆は言う
「死ぬで」
そして全力で食わそうとする……


昨年末頃に5日間のファスティング(断食)をしたんだけど
体重的には5キロほどしか変わらなかった

えっ?5キロも痩せたの? すごいじゃん!!
って言われそうだけど、130キロから125キロってのは
ある種、誤差の範囲でして
(100キロ超えの人ならわかるはず)

全く食べなくても、言うほど痩せないのである
まあ、年齢的なものもあるんだろうけどねぇ~(笑)
年をとると、痩せにくくなる……

食事制限でのダイエットでは、理論的に絶食が一番効果が高い
それでさえこれである

食って痩せるってのは……

そんな中
オメガスリー! とか オメガシックス! お目が無いん!
あ、オメガナイン!

という油の一つに
MCTオイル ※n-3系不飽和脂肪酸(ω3)と中鎖脂肪酸
この油は、ケトン体の生成促進効果があり……

つまり、体に貯めたエネルギー(脂肪)を使いやすくするってことで
痩せる油と呼ばれています

オメガ3は一般的に加熱に弱いため、炒めものなどには使えません
炒めものでも、最後の仕上がりでかけるぐらいなら良いみたいです
しかし、風味とか味はないので……

とか言いつつ、3ヶ月ほど実体験というか
実際に使ってみようと思います
MCTオイルは一般的に無味無臭なので、味噌汁に入れて…
1食に小さじ1~2杯程度、1日6杯を限度にとってみようと思います

MCTオイルの原料であるココナツオイルには、最近になって悪玉コレステロールが増えるという研究結果があり……ま、それも血液検査で見ていこうと思います

 

https://youtu.be/TZPwuj-WirQ

flu/流感

先週土曜の夜あたり…かな?日曜ぐらいからだったか
なんとなく寒気がしてて
この感覚は…風邪のひきはじめの肌感覚…

私はいつも、早めの対策で風邪の悪化を防いてきている
対策といっても簡単なもので
『体温を上げる』というのと『眠る』ということ

ちょうど天皇誕生日と代休で、あと2日も休んでられる余裕がある

と思ったのは愚かな考えであった…
寒いので部屋の温度を上げていくんだけど30℃を超えても寒い
そして次第に関節が痛くなって動けなくなってきた
これは完全にアカン風邪やなぁと思い
熱い風呂に…

これね、とてもいいのですよ体温も上がるし関節痛も一時的になくなる
ただ、風呂から出られなくなるのである
風呂から出ると寒い…
そしてふとんを何枚も重ねているのに一行に温まらない
そんなこんなしているうちに寒さや強烈な頭痛・鼻づまり、全身の関節痛によって
眠れないのである
2日目にわかったのは鎮痛剤であるロキソニンが効果的であること
頭痛や関節痛、寒さを感じさせなくなる…
ただ、根本的に治療薬ではないので薬が切れると効果はなくなる
休み明けの25日はどうしても外せない用事があるため出社せねばならず
ロキソニンを飲んで出社した
同時にいつもの糖尿で通院している病院にも寄ってみた

結果…インフルエンザだった…
病院でもインフル薬セット?が用意されていて、その後の迅速な対応は素晴らしいというか…一時期有名になったタミフルも入っていた。
これは2日で治ったと思っても、その時点でやめないで
5日分きっちり飲んでくださいとのこと
でないとウイルスが抗体を作って次から効かなくなるとのこと…

「今日はスグお家に返って、年内は外に出ないこと」とのこと
まあ、感染源になりますものねぇ
毎年行っているカレンダーの配布や色んな年内の対応など…
無理になりました…

ご了承のほど…お願い申し上げます

 

いきなり

いきなりステーキという店があるってのは知ってたんだけど
同業の人が奢ってくれた…

ステーキ専門店?とでもいうのか、かなりタレの飛び散り?を意識した店で
写真左の白湯ポットのようなのが、タレである

結構レアで来るステーキ
こうみると、細切れのステーキのように見えるけど、けっこうゴッツくて分厚い!
ただ、ステーキというのは極めて糖質が少なく、太ることはない
カロリーゼロ理論である(太らないってことはないと思うけど…)

今から思えば、もっと空焼き?というかタレをかけるのを待ってたほうがよかったかなぁと…レアな焼き加減の肉は柔らかいんだけど筋が切れない

以前、これも友達に奢ってもらったタケルというステーキ屋さんと比較すると
さすがにタケルのほうが食べやすいというか(量も多かったけど…)
友達の食べ方アドバイスがあったんで、食べやすかったのかもw
同じく高い位置にスパイス類w なんしか、「鉄板は熱いうちに喰え」ってことで、熱い鉄板が冷めると
途端に旨さが半減する…

というか、おごってもらってばっかりだなぁ…


肉ばかりでもアレなんで…
お米の代わりにたべるカリフラワーってのをもらった
基本、カリフラワーなんだけど、つぶつぶ感が米っぽいのである
これがスゴイのが、パラパラ炒飯を簡単に作れるのである!
そりゃ粘りけがないもの…

なんだかチャーハンを作るのが上手くなった感じ…
というかチャーハンなのか?

単なる野菜炒めなのではないか??

しかしまあ食べてたらダイエット…すすまないなぁ


https://youtu.be/e06ZZfQb0kw