明暗濃淡

久しぶりに写真の話…
これから秋にかけて、夕焼けなどの風景を撮ることが多くなりがち…

写真を撮るという部分で風景写真というのは
自然というギミックというか法則を理解する必要がある

例えば、秋は「夕陽が赤い」「空が高い」などは
空気中に含まれている水蒸気や塵が原因
地球の地軸の関係で秋の夕暮れは、地面スレスレに光が差し込み
太陽から目までの空気の層が夏や冬とは違うのである
(空気の厚い層が青い光を遮り、赤い光が残るため)

絵画を描く時に「遠くは淡く。近くはハッキリと!」ってのはそのためである
(遠くは空気の層が厚くなるからね)

で、写真というのは絵画のセオリーに合わせてもいいんだけど…
遠くは薄く、近くは濃いってのは自然とそう写る
写真といのはハッキリクッキリが良い!というわけではないが
遠くがハッキリと写っても写真は写真なのである

夕焼けの撮影

夕日を撮るってのは 太陽を撮っているのである
それはつまりスーパー逆光なのである!
赤い太陽以外、ほとんどが影になる
この撮影に関してはオートモードで撮影するよりも
「夕焼けモード」ってのがある
撮影場所は違うんだけど、夕日の紅さが違いますよね
これね、実は測光の場所で色が決まるのです…
多くのカメラが持っている「夕焼けモード」というのは
赤を強調して撮影するんだけど、その明るさで赤くなるのを調整している
昼間に夕焼けモードで撮影しても赤くならないのはそのためで
太陽にフォーカスを合わせると、大抵赤くならない
(暗さが重要なので、太陽が暗いと赤くなるよ)
もし夕焼けで赤さを強調するならフォーカスを合わせるのは暗い部分

そうすると赤く撮れるんだけど
その分、シャッタースピードは遅めになるので
三脚を使うか、そばに壁や棚がある場合はカメラをそこに押し付けて
ブレないように撮影する

これはもう太陽が沈んでからなんで…
こちらは朝…朝は空気が澄んでいるので赤くなりにくい雲が太陽を遮ってしまってる…雲によってはこんな感じにも…間にネコヤナギ…(ん?ネコヤナギか?)ソレ以上、陽が沈むと 逆に青くなってくる(すでに夜です)

風景にしても、空と、地面の割合を考えて
そして、できるだけ水平に撮影してください
まあ、これも歪んでいますが それもまた味になるときがあります(笑)

いろんな撮り方で印象も変わります…
デジカメというのは何枚撮っても現像にお金がかかるわけでもなく…

いろんなアングルで、いろんな場所にフォーカスを合わせて
何枚も撮る!というのが上達の基本です

 

夏の終り

熱い暑い夏はゴーヤにも悪影響を与えるのか…

全滅した…

でも…新たな芽ぶきが…
全滅してから、余ってた種を植えると芽ぶいた!
8月後半だから時期的には遅いんだけどね


盆休みではあるんだけど、会社に行ったついでに写真を撮りに…
でもね…涼しいんですよ
風もサラッとしてて…って強風でしたが
日陰に入ると涼しいんですよ

鳥たちも…ここでは人への警戒が少ないですわ
亀も…結構近くでも…あんまり近寄ると飛んでいくけどね(笑)噴水の場所は…この時期 無料の遊び場さぁ~子供たちは水着装備!緑も映える野外でのシャボン玉の撮影…これが結構難しいんですよねぇ~
風も強かったし…一眼でなくコンデジの方が、ある程度キレイに撮影できるかも
(持って行ってたのにコンデジを出すのを忘れてた)

この涼しさ…夏もおわり??って思ってたら
いつもはこんな感じなのかもね
ソレまでが暑すぎた??

 

偽り写真

https://iphone-mania.jp/news-220859/
「iPhoneで撮った写真は、写真とは呼べない」著名映画監督が語る
iPhone Mania

映画監督で写真家としても活躍するヴィム・ヴェンダース氏が、「iPhoneなどのスマートフォンで撮影した写真は写真とは呼べない」と英メディアBBCに語っている…

まあ、言いたいことは解る
真実を写す…という意味で「写真」というんだけど
最近では「画像」という方がふさわしいのかもしれませんね

「レンズは嘘をつきません」というCMがありましたが
レンズが嘘をつかなくても、フィルタやフィルムへの細工…昔からイロイロとありました
最近ではPCで画像をいじるのなんて当たり前?
スマホでも同じように加工できますものね

「加工はダメなんじゃない?」って主張される人もいてますが
ではカメラ搭載の画像修正、色や明るさの調整プログラムとか
もっというと心臓部にある画像エンジンやらは加工には入らないのか?

カメラ単体でならOKって人もいますが……
ではスマホの写真修正アプリは?カメラ単体に入るのか?それとも後で修正したってなるのか??
まあ、記事の人はそれがダメって言ってるんだろうけどねぇ

これで言うと、Raw形式が撮れるカメラ、デジイチぐらいしか写真とは言えない?ってことなのかな??

記事の人はポラロイドを使っているらしいですが、アンドロイドはどうなんでしょうねぇ(ロイドが似てるからだけです……)


https://youtu.be/fjYKi-XJ_wc
今日の雑談は……ちょっと怖い話です

 

 

 

珈琲撮影

水曜日にマクドでビックマックが200円だったのを最後に…
食事量を減らす週間?に入った
ま、このビックマックもゴーヤを入れて食ったんだけどね(笑)
こないだ不食の域というブログ記事でも書いたんだけど
「人は水を飲んでいれば半年から一年生きていられる」という話から
食事制限をしようと思い始め…

でもね、食べに行くイベント?ってのも予定されているんですよねぇ
仕事や人間関係で「断れない件」ってのもあるんですよ

そんなこんなで、少食というのを採用しようと…

まあ、少食ってなると「食べる楽しみ」ってのがなくなるんだけど
「飲む楽しみ」ってのが生まれてくる
(飲み物でもアルコールや砂糖使ってるのは駄目ですよ)

てなことで、久しぶりに家で珈琲を淹れてみた

といっても大した豆ではない…業務スーパーで300円台のもの
それでも豆から淹れるコーヒーってのはインスタントとは全然違う


で、水を沸かしてる間に写真の撮り方について…
窓際にあるモノを撮影すると、こんな感じで逆光になりますよね
ある意味、コレはコレでいい感じを出しているんだけど…
逆光対策として簡単な方法としては…フラッシュ
これはこれで、被写体がハッキリして、解りやすい写真って感じ
しかしそれ以外は特にない…(笑)

まだ、こちらのほうが逆光だけど、この場所の雰囲気は伝わる…
ちょっと判る程度に明るく撮れたら…ってので使うのがHDR逆光だけど、ソフトに明るい感じ…
High Dynamic Range(ハイダイナミックレンジ)普通に撮影するよりも明るさの幅(ダイナミックレンジ)を広げる撮影技術(合成技術?)
カメラではオートブラケット撮影のように同じカットを露出を変えて3枚撮影し、白く飛んでいる部分や黒く塗りつぶされた部分を3枚の写真から表現する
逆に言えば、失敗の少ない写真になる
しかし、瞬間的ではあるが3枚撮影し、その後カメラ内部での合成処理などに時間がかかるので連写や動く被写体などには不向きである

DRO(Dynamic Range Optimisation) こちらは1回の撮影でカメラが明暗のキツイところを補正?する
連写や動きのある写真にも対応できるけど、HDRよりは対応幅が狭い(のか?)

写りは同じ感じだけどなぁ~ (笑)

この場所でもアングルを変えると、また違う印象を与える…フォーカスを当てる部分を変えるのも、なにを見せたいのか?が解りやすい
上の写真とは違い、手挽きのコーヒーミルにもピントをあわせているまた、何事もアングルというのが大切!
被写体に対するカメラの角度や位置のことで、カメラアングルともいう。こちらはハイ・アングル…カメラを下に向けて撮る方法
一般的にテーブルなどに置かれているものを見るとき、大人目線(おとなめせん)ではこの角度ですよね

それをちょっと角度を変えると…
被写体の全体が見えやすくなったり…
横位置からの撮影になると、また違った雰囲気ですよね更に下げていくと…
どうでしょう?雰囲気がだいぶ変わってきますね
ちょっと懐かしい? そんな感じがするのは子供の頃の目線に近くなるからじゃないかなぁって思うんです この辺りからローアングルといいます

更にローアングルからの撮影になると、被写体の威圧感ってのが感じられますよね
(背景には天井が見えていますよ)

…………………………………………

 

さて、そうこう言ってる間に、美味しいコーヒーが出来ましたよ
これもまた、アングルを変えると…ローアングルだと…コーヒー自体は見えないですね(笑)

春寒料峭

しゅんかんりょうしょう
極寒の季節は終わりかけ、すこし暖かくなってきたので
自転車通勤をするのも気楽になってきた

自転車での会社からの帰りは、すこし汗ばむぐらいになってきたので
これまでは寒くて冷えすぎて、自転車通勤後はお風呂に入っていたんだけど
これからは汗をかくので風呂にってことで
結局風呂に入る(笑)

汗をかいてるのに手足の指先は冷えて冷たくなっているので
シャワーで簡単に!ってのはまだまだ…

ここの桜?か梅?が一番に咲く…
https://goo.gl/maps/qtg57wDu86A2
今年も忘れることなく咲いている
季節は確実に春に近づいている…
私も置いていかれないようにがんばらんとね

朝が明るくなってきたってのも春になってきたってこと…

春の雨、そして嵐は空気を綺麗にする… 晴れると放射冷却現象で寒いけどね(笑)枯れているように見える木も、光を命にかえるため全力で葉を生やす… 朝は早く、夜は遅い…明るい時間に通勤できるようになったそれも日の出と日の入りを毎日体験できる(嬉) 夜明け前が一番暗いというけれど、日が昇る前から明るくなるんですよ! それぞれに生活があり、そして朝が皆にやってくる 写真だけ見ると、朝なのか夕方なのか… 朝は青く、夕は赤いって、そうとは限らないんですけどね(笑) 撮り方で変わる…いや、時間や位置で色は変わる 夏になれば、暑すぎて逆に暗い夜に走る方が良かったと思うんだけどね(笑)明るい時の方が長い…(と思う…) それでもこの時期が一番自転車通勤として走りやすい… 少し寒いぐらいが丁度いい気温…日の出と日の入りで空の変化も楽しめるしね 片道2時間は走るしね(笑) この時期、そらの変化が大きいので道中の写真も増えるかと…
(今まではアルミ筐体のカメラが冷たすぎて…(笑))

 

 

春寒料峭
しゅんかんりょうしょう
春になったのちに寒さがぶり返して、肌寒く感じられること。